みなみの車や

と言いつつ車よりもバイクが好きな件

海が一望できるカフェ

10月15

友人に誘われて海のそばのカフェに行ってきました。
実は行く直前まで乗り気じゃなかったんですが、約束した手前行かなきゃいけない状況だったのでしぶしぶだったんです。

しかし、友人が連れてきたかったというカフェは海が一望できる大パノラマビューのカフェでした。
天気がいい事もあってか風が気持ちよく、来て良かったかもと本当に思ったのです。
さっきまであんなに乗り気じゃなかったんですが…
最近家にこもりがちだった私を心配して、友人が私が喜びそうなカフェを調べてくれていたそうです。
そんな友人の優しさに心が熱くなりました。
そうとは知らずにしぶしぶ準備をしていた自分が情けなくなりました。

今はお金も社会的地位も全部失って、私が過ごしてきた時間は何も積み上げてこれなかった。
何も残らなかったと悲観的になっていましたが、私が過ごした時間は無駄ではなく、こんなにいい友人を残してくれました。
冷静になって考えてみると、何もかもなくなってしまいましたが、たくさんの人が残ったと思っています。

こんな私のそばにいてくれて、支えてくれる。
有益な情報を届けてくれたり、一緒にやろうよと誘ってくれたり。
私がほんとうに自分じゃどうしようもなくなったら、どんな事をしてでも会社に入れてやるといってくれたり。
幸せですよね。本当に。
周りの人に恵まれている事が私の1番の強みだった事を思い出しました。

カフェに誘ってくれた友人に本当に感謝しています。
いつかちゃんとできたら周りの人達にでっかく恩返しするつもりです。
今まで以上の事をちゃんと返していける。そんな人になりたいです。

posted under ブログ | コメントは受け付けていません。

万能でなくていい

10月15

社長からこんな言葉を頂きました。
「万能でなくていい」

周りからの期待に応えようとしすぎてしまう私の性格に気付いて贈ってくれた言葉です。
人から頼られると嫌と言えない性格のため、本来ならその人がマスターしなければならない技術までマスターしようとしてしまいます。
仕事で質問されたら正確な回答をしなければならない。
判断は間違ってはいけない。
簡単に仕事は休んではいけない。
誰よりも知識とスキルは上でなければならない。
「~でなければならない」という気持ちが自分自身を追い詰めてしまっていたと思います。

そんな私に社長は「万能でなくていい」と言ってくれました。
誰かのために何かをしたいという気持ちは立派だが、そのせいで自分を抑え込んでしまわなくていいそうです。
万能じゃなくても、どこか頼りなくても、答えが間違っていても、それはそれでいいんだと言ってくれました。
社長が言うように私はどこか完璧主義者で、自分は完璧でありたいという願望があると思います。
その願望が達成できない事に挫折したり、落ち込んだりしてしまうのです。
人間完璧はいない。分かっているんですけどね。

最近では頑張りすぎようとするとき「万能でなくていい」という社長の言葉を思い出すようにしています。
きっと人生においても万能でなくていいんですよね。
努力をする事は大事ですが、求め過ぎるあまり過剰にならないよう今後も気を付けていきたいです。

posted under ブログ | コメントは受け付けていません。

撮影よりも目で見ることが大切では?

10月15

観光地で父親が大きなビデオカメラを構えていたという光景が懐かしい。いかにも裕福そうな格好をした父親が家族と風景を撮影してた時代。僕が小学生くらいの時はそんな時代だった。

この間旅行である観光地を訪れたのだが、観光客は携帯電話や小さなデジカメで写真や動画を撮影していた。いかにもといったビデオカメラを構えている人はほとんどいなかった。半日ほど観光地を歩いて見つけたのは、2、3人の中年男性がビデオカメラを構えていた程度だった。

便利になったといえば確かにそうなのだろう。だが、誰もが手軽に撮影を楽しんでいるという光景に少々抵抗を感じてしまうのが不思議だった。例えば、テーマパークのマスコットキャラクターを見つけた観光客が群がり、みんなが携帯やデジカメで撮影をする光景。まるでマスコミがスキャンダルをおこした有名人を囲っているようであまり良い印象が得られない。

時々思うのだが、今の人は撮影することに夢中で、今という瞬間を目に焼き付けるということが苦手になっているのではないだろうか。撮影して思い出を残すのは結構だと思うが、何より心に残るのは、自分の目で、その場の光景をしっかりと見ることなのではないだろうか。

posted under ブログ | コメントは受け付けていません。